回復期はだんだんと回復していきますが、貧血が回復するまでにまた時間がかかります。

急性腎不全おしっこが少なくなることで現れています。

そして急性腎不全ので起こる尿の場合は濃縮が難しくなるため比重が少ない尿が出てきます。

ですが、非乏尿性の急性腎不全は容量が減らない減らないので気づかれにくいことがあります。

まず急性腎不全になってしまった原因を取り除きます。

そして入院が必要です。

高カリウム血症は早く改善しないと心臓が停止してしまう可能性があるために錠剤を使います。

それが効かない場合は人工透析を行います。

そして腎不全を合併する心不全たいして強心剤を使うことがある場合があります。
透析療法は効果があって早く使うべきです。

噛めないならやわらか食

急性腎不全は透析をした後腎臓の機能が回復して透析が必要ならなくなる場合もあり早く行って改善することが大切になります。

乏尿期はタンパク質の結晶1kgあたり0.2グラム以下塩分は0gにします。
カリウムが多い食べ物も減らさないできません。

水分は出て行く水と同じぐらいの量にする必要があってカロリーは最低でも1200キロカロリーとる必要があります。

塩分制限は透析を行うかによっても異なります。

たんぱく質がだんだんと増やしていくことができます。

慢性腎不全では30%以下の腎臓の働きになってしまった場合のことをいいます。

そして5%以下になってしまった場合は尿毒症といって様々な症状が現れます。

慢性腎不全の多くは慢性腎炎で覚えます。

それ以外には糖尿病で起こるものや動脈硬化で起こるものなどがあります。
最初はほとんど症状が現れず疲れやすいという程度でむくみが出ないことが多くむしろおしっこが多くなることもあります。

ですが、だんだんと尿の量が減っていき高血圧になって食欲が落ちていきます。

そして様々な症状が現れます。

タンパク質を減らして食事を行うことが腎機能の低下を抑制することができるということが分かっています。

ですが、最初からものすごいタンパク質の制限を難しく腎機能が50%以下になった場合にタンパク質を摂取控えていく必要があります。

タンパク質を減らす場合

必須アミノ酸がとれるように摂るたんぱく質を良質のものにします。

例えば米や麦などに入っているタンパク質はアミノ酸が少ないので卵や肉などに含まれている必須アミノ酸がしっかりと含まれているタンパク質を取らないといけません。

塩分の量は尿の量が普通の時は5分グラムから8グラムぐらいですが、おしっこがなくなってきたり高血圧やむくみがある場合はもっと減らす必要があります。

カリウムは果物野菜に多く含まれますが、何度も入れたりすることでカリウムを減らしていく必要があります。

腎盂腎炎腎盂腎炎は大腸菌の感染を最も多くそれ以外に緑膿菌などをグラム陽性桿菌ほとんどで女性に多く発生します。

糖尿病や尿路疾患などが原因で慢性化していることが多いものです。
急性腎盂腎炎は悪寒がして戦慄が来ます。

そして腹部に痛みが現れて頭痛や吐き気といった症状が現れてきます。

そして膀胱炎を併発することもあります。

急性腎盂腎炎を何度も繰り返していると慢性腎盂腎炎なって金機能が障害されて慢性腎不全になる場合があります。

正しい症状は明らかなものはなく知らぬ間に進行していく場合もあります。
反省になって水分を多く飲んで水分量を多くします。

そして腎機能が低下している場合は食事を法を行って塩分を減らすなどが必要です。

腎硬化症が起こった場合は原因としては動脈硬化高血圧で心臓がだんだんと硬くなっていくのが原因です。

ムース食ややわらか食など